日本とアメリカの白髪染め

日本とアメリカでは、どんな商品もクオリティが全然違うのはご存知でしょうか。

あなたの周りにも、何人かアメリカの方が日本より断然進んでいる思っている方が多いかもしれませんが、実はまったくそうではないのです。

アメリカの商品というのは日本と違い、どれもチャチイ上、高くてすぐに壊れるという悪いことづくしの商品が山のようにあります。

よく言われるジャパンクオリティというのは、世界的にも本当にすばらしいものだということを、海外に行くと感じるでしょう。

本日はその違いを実感していただくために、白髪染めを使ってご紹介します。

まず日本とアメリカの根本的な違いは、日本の白髪染めは使い手のことを考えて作られているのにたいして、アメリカのはまったくそのようなことがないということです。

例えば、日本の有名な白髪染めには、買ってから一度きりで終わりではなく、一本を何度も使えるものがあります。

それは使い手の気持ちを配慮し、人によっては部分だけ白髪になる人もいると予想して、しっかりお客様のニーズに合うように作られています。

もちろんダメージを最小限に抑えられるように成分は改良されているうえ、場合によってはシャンプーやコンディショナーも箱の中に一緒に入っている場合もあります。

その点アメリカの白髪染めはというと、月とすっぽんです。

高いお金を払って一回きりだったり、髪の毛はバサバサのギシギシになり使っても髪の毛が悪くなるだけだから後悔しか残らなかったりと、全然いいことがありません。

関連サイト⇒白髪染め情報支援